生活において一番大切なのは水だと思っています。
休日でも緊急を要する場合は、できるだけ対応したい。

増保官工所 増保 悟  ますほ さとる

増保官工所 増保 悟
生年月日 昭和50年9月20日
血液型 B型
趣味
住まい 加須市向古河
家族構成

独身

インタビュー
水道屋さんになったきっかけ 庭や植木に興味があって高校では造園科に入りました。
高校卒業後は、造園屋さんに一年半務めました。
その後、水道屋さんになったきっかけは、祖父の代から続いている水道屋を
自分の代でつぶすわけにはいかないという使命感を感じたからです。
水道屋になって18年です。
北川辺の指定業者登録は昭和24年で、現在では北川辺で一番古い水道業者になりました。
以前の職業で現在の仕事に生かされている事は? 造園屋さんに勤めていたときに 重機の免許を取得しました。
仕事で特に力を入れていること・意識をしていること 生活において一番大切なのは水だと思って仕事をしています。
ライフラインである水道が止まってしまうと生活できないので、
水漏れなどがないように工事には気を付けています。
休日でも緊急を要する場合は、できるだけ対応したいと思います。
今までで印象に残っているお客様は? 25歳くらいの時、道路の本管工事で群馬県富岡に1年くらい通っていました。
近隣の家の人が毎日お茶を出してくれて、人の優しさを感じました。
得意な仕事は? 家の中の配管、トイレや洗面の取り付け、重機の操作には自信があります。
お客様にどんな風に思ってもらいたいですか とにかく満足してもらって、大切に水を使ってもらいたいです。
仕事を通じて実現したい夢や幸せは? 沖縄に移住してみたいです(笑)。
沖縄の青い海を見ながら暮らしたいです(笑)。
江田建築と一緒に仕事をすることについて 現場の段取りが良いので、仕事がしやすいです。
段取りが良いと現場で業者同士が重なる事もなく、いい仕事ができるでの助かります。